コンテンツへスキップ

熟女の名刺/デリヘル体験談

ジャンル:熟女デリヘル 総額:1.5万~2万円 遊んだエリア:川崎

42歳の熟女をホテルに呼んでみた。
若い子より気が楽だから。
歳の割にはまあまあ綺麗なIさんが来て、まずまず。
シャワーで洗うのがあんまり慣れてなさそうだったから「この仕事初めてどれぐらい?」って聞いたらまだ2ヵ月だと。
熟女なのに初々しいなんてギャップを感じる。
ベッドでは俺がほぼマグロ状態で、責めてもらうことに。
Iさんはバスローブを脱いでキスから乳首責め、脇腹撫でたり鼠径部をサワサワしたりと全身を感じさせてくれる。
けれど大事な部分はおあずけ状態で、年甲斐もなく我慢汁をダラダラ垂らしてしまった。
あぁ~もう、息子を触ってくれ!といてもたってもいられなくなり、Iさんの手を息子にやってしまった。
我慢の限界だった。
Iさんはクスッと笑って、竿をゆーっくりさすりながらタマをペロペロしてきた。
若いころならこれだけで射精していたかもしれない。
さすが、新人とはいえ熟女のテクニックはすごいなぁなどと思っていたら、ようやく竿をしゃぶってくれ、しかもジュッポジュッポと音を立てながらなので、俺もつい声を出してしまって「あ~あ~あ~~」と言いながら口内発射してしまった。
最後は別々にシャワーに入り、Iさんは名刺をくれて帰って行った。
名刺に個人的な連絡先が書いてあった。
連絡しようか迷っているけど店にバレたら怒られないのだろうか。
ちょっと迷っているところ。